自然食品

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然食品宅配での買い物

そもそも食料品の宅配って、すごく便利なんです。
お買い物に出かける時間が限られるときは有り難いですし、重いものを運ぶ必要もなく、購入したいものを前もってゆっくリ選ぶことが出来ますから。
ここでは、自然食品宅配サービスをいくつかご紹介したいと思います。
家の近くに自然食品店がない場合は勿論、あってもなんとなく入りづらい、スーパーなどで有機野菜を買うと思いがけず高い・・という人は、一度、自然食品宅配サービスを試してみるといいかもしれません。

野菜の定期宅配で有名なところで、「らでぃっしゅぼーや」。
有機&低農薬野菜セットの「ぱれっと」は、野菜だけの三、四人向けのセットファミリーぱれっと(2,625円/回)、野菜約8種類と果物1~2種類の二人向けのセットペアぱれっと(2,625円/回)、一人暮らし用のミニぱれっと(2,205円/回)などに分かれています。
野菜セットのぱれっとは、らでぃっしゅ専用車エリアなら配送料が無料です。

自然食品宅配サービスの老舗といえば、1975年に活動を開始した「大地を守る会」。
ここは、独自の生産基準をクリアした商品だけを扱っていて、品質の確かさには定評がありますし、使いたい時だけ、一品からでも注文できるので、とても便利です。

品揃えが豊富な「Oisix(オイシックス)」は、ユニークなサービス内容からメディアに取り上げられることが多いところ。
入会金や会費がかかりません。
「おいしっくすくらぶ」会員になると、会員専用の商品を買うことができます。
人気を集めている理由には、支払い方法が選べる、配達日時指定ができるなど、普通のインターネットショップのような感覚で自然食品を注文できるところにもあるでしょう。

他にも自然食品宅配サービス会社はいろいろあり、「生協のパルシステム」、「ベネッセの食材宅配タイヘイ」、「無農薬野菜のミレー」など、自分の生活や好みに合ったところを選んで、一度問い合わせしてみて下さい。
高齢者の一人暮らしなどにも、とても役に立つシステムといえるでしょう。
スポンサーサイト

自然食品の店アニューの気になる口コミ

中国からの輸入野菜の残留農薬、毒性物質の混入した餃子の問題などが大きな問題となったのは、2年ほど前のことでした。
食の安全に対する主婦の意識は急速に高まり安全なものを口にしたい、家族の健康のために、少しくらい高くても、安全なものを購入したい、という人が増えています。
そういう理由から、自然食品の店の人気は高まる一方です。

自然食品の店アニューも注目を集めているお店のひとつでしょう。
これは2009年7月時点で約350店舗を展開しているマクロビオティック食材を中心とした自然食品販売店です。
この自然食品の店アニューでは、肉や卵、魚介類なども売られていますが、品質のいい安全なものに限定されているそうです。

アニューのオリジナル商品で,有名なものとしては、手軽にマクロビオティックを試すことができる「ブラジル酵素」と八日間のマクロビオティックメニュー「MACROBI DELI」があげられるでしょう。
料理や飲み物に混ぜることで、簡単にマクロビオティックを取り入れることができる「ブラジル酵素」。「
MACROBI DELI」は食欲を我慢しなくても自然にダイエット効果が得られるという、スタイル維持を目指す全ての女性、メタボを避けたい全ての男性にウレシイ商品です。

健康意識の高い消費者にとってはありがたいお店なのですが、少し、注意を払うべきところも持ち合わせているようです。
アニュークラブというものがあって、会員になると、105円ごとに1ポイントもらえるのですが、複数の店舗でのポイント合算ができない上に、登録の際、店舗か通販で2,100円(税込)以上購入する、また毎月累計8,400円(税込)以上購入しないとキャッシュバックできない、などの条件があるようなのです。
アニュークラブ会員制度は、アニューで商品を購入する人を増やすための友人勧誘制度が目的なのかもしれません。
購入者の便宜を図ることがメインではない気もします。宗教がかっていて、どうも嫌だという人もいますし、お年寄りを集めて催眠商法を行っているという目撃情報もあるようです。
全く怪しくなどない普通の店舗もあるようですが、利用の際は気をつける必要がありそうです。
自然派を謳っているのにもかかわらず、プライベート商品(PB商品)の中に、界面活性剤が入っている石けんが混ざっている、などといううわさがささやかれていたこともあるようなので、購入の前には、よく原材料表示を確認した方がいいかも知れません。

自然食ブームの中で「自然食品の店」とうたった店舗が増えていく中で、購入する側が、賢く、きちんとお店の内容を見抜く目を持つ必要もあるようですね。

自然食品点について考えてみた

自然食品のお店というのを見かけたことありますか?
最近私の住む町でも、看板に『自然食品』を謳っているお店がずいぶん増えてきました。
健康志向、安全なものを食べたい、また家族に食べさせたい、という意識の高い主婦が増えて、自然食品の人気は年々、高まっています。少しくらい値段が張っても、より質の良いもの、安全なものを選択する、ということはもう普通なのかもしれません。

一般的なスーパーの有機野菜のコーナーなどの売れ行きも好調ですし、自然食品店の店舗数のどんどん増加しています。大手自然食品店としてはアニューやF&F、ナチュラルハウスなどが有名ですね。でも個人経営の自然食品店も、たくさんあるのです。

ただ、なぜかこうした個人経営の自然食品店は、一見、お店かどうかわからないような、入るのにためらわれる外観のところが少なくなくありません。
扱っている食品の種類もそれほど多くなく、自然派化粧品やシャンプー、石けん、健康グッズなどを食品と一緒に販売しているという感じが多いでしょうか。
しかしそうした個人経営の自然食品店の中に、自然食品についての専門的なアドバイスをしてくれたり、有料でマクロビオティック料理教室を開いているユニークなところもあります。
HPやメルマガで、その店ならではのこだわりや自然食品の良さを熱く説明している店も多いです。

何もかも全部を自然食品店でまかなって、自然食品で固めよう!と思い込むと、当然、かかる食費が馬鹿になりません。経済的に余裕がある家庭ならともかく、体のためだからそうしたいとは思うけれどど、育ち盛りの子どもを二人以上抱えている家庭では、そうもいきませんよね。
正直、子どもが食べ盛りの中学、高校生くらいになれば、やりくりに必死でしょう。(うちもです^^)そんな時は、せめて調味料だけでも自然食品の、良いものにすることをオススメします。

食塩の摂りすぎは体に悪いといわれていますが、自然塩なら余分な塩分は尿と一緒に排出されてしまうということをご存知ですか。
自然塩であれば、減塩にこだわる必要がないのです。
同様に、自然食品の砂糖、味噌、醤油、みりん、油を使えば、いろいろな点で科学的な調味料より体にいい食事をこしらえることができます。

調味料って、思いがけず多くの量を摂取しているものなんですよね。
年間に一人当たり、消費する砂糖や、しょうゆの量は、一度に見るとびっくりするほどです。
真っ白に精製された砂糖には、麻薬と同じ依存性があると指摘されています。
白砂糖にかえててんさい糖などの自然食品の糖分を使えば、甘みは同じで、ミネラルなど体にいいものが取り込めるのですから、やはり家族の健康を預かる主婦としては、せめて調味料だけでも、自然食品にかえなくちゃ・・・と思います。
Copyright (C) 就農娘の有機栽培と自然食品. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。