就農

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
都会に住む人の中には、暮らしの便利さのメリットや、娯楽、音楽や美術、映画、舞台などの文化的な豊かさから、都会生活での生活を愛して楽しんでいる人が沢山います。
しかしその反面、都会では、自然に触れる機会も少なく、食べるもの一つにしても自分の手で育てる機会がありません。
自分で育てた野菜を食べ、自分の力を最大限に使って、土と触れ合いながら生きていきたい、そう思う人もいるのです。
そのような人たちが、今、どんどん増えていて、農業への関心を見せているようです。
脱サラしてまで、農業をやりたい、という人はさほど多くないけれど、定年を迎えたら田舎に家を借りて、農業をやってみたい・・・そう思っている人は、相当数いるのではないでしょうか。

就農を希望する人は、どのようにしたら、実現可能になるのでしょうか。
まずは全国新規就農相談センターに相談してみるといいと思います。
全国新規就農相談センターは、各都道府県の青年農業者等育成センターや農業会議で構成されていて、居住地の近くにある施設で相談することもできますから便利です。
また、メールで気軽に相談もできますが、返信がくるまでに一週間以上かかることもあることは、了解しておいてください。

全国新規就農相談センターでは、就農セミナーや就農相談会、農業法人合同会社説明会、農場見学ツアーなどを実施しています。
また、農業の実習や研修を望む人に対して、受け入れ先の農家や農業法人、機関などを紹介してくれるそうです。
就農を真剣に考えている、といっても、まったく経験なしに、頭の中だけで考えている場合がほとんどですので、やはり実際の農業体験が欠かせないといえるでしょう。
何事も、頭で考え空想していることと、現実とでは、大きなギャップがあるものです。
勿論、大きな、思いもつかなかった喜びもあるに違いないのですが・・・。

農業インターンシップに参加して、一週間から一ヶ月以内の就農体験をするあいだに、体でわかること、感じることも多いでしょう。もちろん、たったの一ヶ月の就農体験ではわからないこともあります。
でも、農業というのが想像以上に手間のかかる作業であり、相当、体力を使う重労働だということは、実感できると思います。
片手間にやる楽しみではなく、農業での収入だけで生計を立てていきたいと考えるなら、それなりの決意も、知識も、必要になってきます。
ただただ「農作業をやりたいから就農する」という気持ちだけでは失敗に終わってしまうでしょう。知識や技術、経営センスなどがどうしても必要になるのです。
でもここのところ、密かなブームになっている「半農半X」というような生活なら、それほど難しいこともなく、無理もせずにそんな生活を実現できるかもしれません。
「半農半X」とは自分の好きなように農業を行うかわりに、生活の支出をできるだけ抑えて、現金収入を得るための副収入源、つまり「 X」を持つという生活です。
たとえば、インターネットなどを使って在宅ででもできる仕事も増えている今日ですから、質素な生活に甘んじて、贅沢は言わない、というのであれば生活くらいはなんとかなる場合が多いと思いますし、実際、そのように生活している人も大勢います。

農地法と新規就農
農地法と新規就農耕作放棄地や農業従事者の高齢化が問題となっていますが、農地法の規制によって、農地の無断売買、貸借、転用は禁じられていますよね?法律に詳しくないので間違っていたら申し訳ありません。正規の申請はとてもややこしいと聞いた事があります。高齢化が進むともっと耕作放棄地が増えると思うのですが、こ

休耕田借り上げ畑地に--全国郷土紙連合
この取り組みを広げ、農業後継者の就農にもつなげたいという。 秋津野は、後継者不足や収入の減少などの問題に直面している地域の農業を立て直そうと、2008年11月に農業者らが出資して設立した。上秋津のグリーンツーリズム施設「秋津野ガルテン」を拠点 ...

タグ:タグは付けられていません。
| 農業 | 編集 |
Copyright (C) 就農娘の有機栽培と自然食品. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。