就農娘の有機栽培と自然食品TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 農業 ≫ 農業生物資源研究所

農業生物資源研究所

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
農業生物資源研究所は農林水産省所管の独立行政法人で、
「農業分野の生命科学の研究開発を進め、農業技術の発達やこれまでにはない新たな生物産業の創出を目指して設立された、日本最大の農業分野の基礎生命科学研究所」です。

農業生物資源研究所は、これまでにも世界に誇る研究成果をあげてきました。
有名なものでは、「イネゲノムの全塩基配列解読」や「カイコの遺伝子組換え技術」、「体細胞クローン技術による遺伝子組換えブタ作出」などが挙げられます。
この研究所の最終的な、といいますか、究極的な目的は、(素人の口からですが)一口に言えば、地球上の人間が、将来的に、ただ一人も飢えることなく、豊かな食生活を送ること、といえるのではないでしょうか。
たとえばイネの遺伝子情報を解析することから、病気や虫、暑さ寒さなどに強くて育てやすくて、美味しくて、たくさん収穫できるすばらしいイネへと品種改良できるかもしれないのです。

今、スギ花粉にアレルギーで苦しめられる人が急増するという昔にはなかった、原因不明ともいえる現象が起こっているわけですが、農業生物資源研究所では、そんな問題に関しても研究がなされています。
スギ花粉症緩和米という物をご存知でしょうか。そのおコメで炊いたごはんを食べるだけで、スギ花粉に対する減感作治療法ができるというものなのだそうです。
このようなお米の開発にも取り組んでいるというのですから頼もしい限りです。なぜなら、おコメは毎日食べるもので、薬やサプリメントなどとは違い、生活との密着が高いからです。

また、農業生物資源研究所では、カイコからとった絹糸を使った医療用新素材の開発も行っているそうです。
これが実現すれば、生体適合性の高い人工皮膚や人工血管などが作れるようになるといわれています。
シルクをスポンジ状の材料に加工し、軟骨再生医療や床ずれ保護材などを開発したり、カイコを使うことで今まで製造が難しく高価だった医薬品を安く作れる可能性もある、と書かれた資料を読んだこともありました。
生命科学の研究開発が進めば、不思議としか思えないような、今までの常識ではありえなかったことが当たり前のようなこととして実現するかもしれません。

農業生物資源研究所の研究成果は、一朝一夕に出るような種類のものとは違うでしょう。
でも一日も早く、現実的な物となって形をとってほしいですし、さまざまな人間の夢が、研究所の成果として実現するのを自分の目で見てみたいなぁと願ってしまいます。

家庭菜園でも農業でも経験者の語ることは大変勉強になります。
他の農家の経験を、自分の知識とするための情報収集は欠かせません。
農業に関する口コミやブログ記事を紹介します。
「事業仕分け第2弾」対象独立行政法人、農業生物資源研究所がクローン ...
独立行政法人農業生物資源研究所などは4月22日、2000年に国内で初めて誕生した体細胞クローン豚「ゼナ」が、老衰により起立不能になったため安楽死させたと発表した。生存期間は9年8カ月で、体細胞クローン豚としては世界最高齢だった。 ...
そばと豆腐で渡舟を想う【とうふ そば処 しげふじ】
そんな幻になってしまっていた酒米を、府中誉の山内社長が「茨城の酒米を磨き、本当の地酒を造りたい」と、つくば市にある国立農業生物資源研究所が冷凍保存していたわずかなの種もみを譲ってもらい栽培をはじめましたのです。 その際、茨城県の農業栽培 ...

筑波研究学園都市の問題点は何ですか? 今、日本の頭脳流出について調べてます。そ...
筑波研究学園都市の問題点は何ですか? 今、日本の頭脳流出について調べてます。そこで世界から優秀な頭脳が集まり、世界有数の研究都市になるよう建設された筑波研究学園都市は未だにその役割を十分に果たせてはいないと思います。その理由は何なのでしょうか? 回答お願いします。

タグ:タグは付けられていません。
| 農業 | 編集 |
Copyright (C) 就農娘の有機栽培と自然食品. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。