就農娘の有機栽培と自然食品TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 農業 ≫ 農業を学ぶ

農業を学ぶ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
どんな仕事も、その職業をより深く学ぶために、専門的な学校が存在します。農業も同じです。
しかし一概に学校といっても、農業を学ぶ場合にも、様々な選択肢が存在します。専門学校、大学の農学部、農業高校の専攻科、農業大学校などなど。
どこを選択したらベストか、迷ってしまう方も多いかもしれません。

普通高校生が進学先を選ぶなら、やはり大学の農学部か農業大学校がいいでしょう。農業の知識がまったくない場合ですね。
しかし学校選びもまた、何を目的として農業を学びたいのか、興味があるのはどのようなジャンルかなどによって変わってきます。
学ぶ方法が変ってくるのですね。
家庭菜園が出来る程度の知識でいいのであれば、わざわざ学校にまで通う必要はありません。
でも農業専門の研究職に就きたい場合や教師になりたいような気持ちがあるならば、独学では難しいでしょう。
そういう人は、大学の農学部に進むことがベストで、そうすれば興味のあるジャンルについて専門的に深く学ぶ事が出来ます。
特に、普通高校を卒業した方の場合ですと、農業を基礎から教えてもらえるので専門学校より大学を選択する方が無難かもしれません。

農業高校の専攻科は農業高校の卒業生を対象としていて入学制限を設けているところがほとんどなので、普通高校の卒業者が入学して勉強についていくのは難しいところがあるようです。
農業高校では、卒業した時点で大学で学ぶ内容の7割程度はすでに学習しているそうなので、深く専門的に実践的な農業を学びたいなら大学へいくより専攻科のような場所の方が、より良いかもしれません。
このように、どの方法で、どこで学ぶのが1番良いということが一概には言えないのです。

農業を学ぶ学校や場所は、学びたい目的・内容によって変ってきます。学校側も、それぞれに受け入れる対象が多少異なるということです。
迷った際は自分には何が適しているのか、何をしたいと思っているのかなどを見極めてから、それぞれの学校をリサーチしてみるとよいでしょう。

家庭菜園でも農業でも経験者の語ることは大変勉強になります。
他の農家の経験を、自分の知識とするための情報収集は欠かせません。
農業に関する口コミやブログ記事を紹介します。
御伽連歌 農業体験記 その参
農業体験記 その参. 畑作業って、鼻クソも耳クソも真っ黒になるんですよご存じですか? 指と爪の間に土を詰めて体中を掻きむしってるとそんな感じになります田舎なのに鼻毛が伸びてる気がしますそして鼻クソを取るたびに次々と鼻毛が抜けていきますどうせ ...
水素水ブログ(水素水パック): 水素水が農薬代わり
環境への取り組みをサポートする株式会社コスモスエンタープライズ(代表:深沢三夫、東京都杉並区高円寺南)http://www.cosmos-rom.net/index.htmlは、従来の潅水・農薬に代わる、農業用ナノ水素水装置を開発。交流還元方式で水を電気分解し、作物の病気 ...

農業を本格的にやりたいしたいといったら、笑われてしまった。皆さんは、どう思う。
農業を本格的にやりたいしたいといったら、笑われてしまった。皆さんは、どう思う。まず、資金が1000万円要るそうだ。それに、農地が3000m2.これだけの大金と農地を用意しても、農業だけで食っていくことはまず不可能だそうだ。ただし、ほかに定収入がある仕事を持っていれば、何とかやっていけるとの話だ。返事

タグ:タグは付けられていません。
| 農業 | 編集 |
Copyright (C) 就農娘の有機栽培と自然食品. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。