農業経営

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
今、外国からの安い食材に押されて、国産の野菜を購入する割合が減ってきているといわれています。
スーパーマーケットなどで、驚くほど安いおネギなどを見ると、日本の農家の人たちはお気の毒だなあ・・と思えてしまい、少々お高くても、国産の質の良いおネギを買ってしまう私です・・。

日本の農業といえば、そのほとんどが家族経営だといわれています。大規模農業ではない農業経営って、儲かるものなのでしょうか。
兼業農家、という言葉を学校で習ったことがあリますよね。
やはり、家族経営の農業経営では、理想通りの収入を手にしている人は少ないということでしょう。
農業と、他の仕事の二足のわらじでいかないと、生活はなり立たない場合が多いのだと思います。農業だけでは、厳しいのですね。
作業の肉体的な負担。天候に左右される心労。
作物は生き物ですから、一日も目が離せないことでしょう・・。
生き物に休みはないのだから、農業従事者にも、心の休み、完全な精神的なオフタイムもないでしょう。
休みらしい休みもなく、重労働・・。そういう労力に見合った儲けがないのであれば、辛いことかもしれません。
では、なぜ農業は儲からない、といわれるのでしょうか。

高い肥料・農薬、資材費、設備費、機械投入費などの費用がかかることはもちろん、それをクリアしていても、病害や連作障害になったり、他国との競争があったりと・・・そんなところに問題がある、といわれています。
でも、そのようなさまざまな問題が、他の職業にないのかといわれれば、やはりあるでしょう。
農業だけこれほど赤字経営が多いのは、どうしてでしょうか。
これは、政府の政策も大きく関わっているといえるのです。
たとえば、減反政度です。
これは、「米の生産を抑えて他の作物を作りましょう。そうすれば補助金を出しますよ。」というものなのですが、補助金はそれだけで生活が潤うほど出ないのです。
だからといって好きな物を作りたいからと減反に協力しない場合、農協に生産物を買いとって貰えなくなるのだといいます!
このことは、政府の政策の失敗だと感じます。そんなふうでは農家の方がお気の毒ですよね。

農業が体力的にも、精神的にも決して楽ではない仕事である上に、こういった政府の農家に対するいじめともいえるような、情けない政策も加わり、農業経営を苦しいものにしているともいえそうです。

家庭菜園でも農業でも経験者の語ることは大変勉強になります。
他の農家の経験を、自分の知識とするための情報収集は欠かせません。
農業に関する口コミやブログ記事を紹介します。
お疲れだけどお天気が味方・市街地突破まであとわずか - 林さんちの ...
2010年05月04日 19時01分33秒 | 農業経営. 今日は、昨日の心労で頭痛の中、田植えでした。それでも緊急にお願いしたバイト君も来てくれて本当に助かりました。そして何よりもお天気が味方です。相変わらず、市街地の中の田植えですが、時間調整で林さん ...
出船の精神 - ていちんとうりょう、ていちんとう
父は、農業経営の方法でも、農作業の段取りでも、農具の手入れの仕方でも、 全てこの考え方を当て嵌めておりました。 使った道具は、作業の仕舞いにはよく手入れをして、 明日の朝一番にすぐ使えることが肝要だという具合です。 ...

農業経営 大学選び
農業経営 大学選び将来、農業経営(流通・経済)をしたいと思っている中学3年生男子です。すごく、気の早い質問なのですが、農業経営系に強い大学はどういったところがありますか?ここからは全て仮定の話で、自分で考えている人生プランです。ある小さな高校へ入学↓英語にも興味があり、その高校が国際基督教大学(IC

タグ:タグは付けられていません。
| 農業 | 編集 |
Copyright (C) 就農娘の有機栽培と自然食品. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。