就農娘の有機栽培と自然食品TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 有機栽培 ≫ 有機栽培みかんの苦労

有機栽培みかんの苦労

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
お正月が近づくと、大きな段ボール箱でみかんを購入するご家庭もあることでしょう。
我が家も、みかん箱ごと買いが恒例行事です。
みかんはビタミンCが豊富で食べると風邪の予防になるということで家族でせっせとと食べて、ダンボールの箱の中のみかんはどんどん減っていきます。
こんなに食べるなら、農薬のたっぷりかかっているみかんだと、体への害が大きいかも?と思ったりもします。

そんな時思い浮かぶのは、有機栽培のみかんです。
有機栽培のみかんを食べたいとき、どんな産地の、どのようなものを選ぶといいのでしょう。
愛媛県の(有)三皿園の有機栽培蜜柑は、有機JAS認定されているとHPに明記されていますし、有機JASマークもしっかりと表示されているものです。
有機JAS認定を受けるのはとても難しいといわれています。
安心のバロメータとしての役割を、このマークが担っているということでしょう。これは有機栽培のより安全な蜜柑を求める人にとっては、絶対必要な基準です。
有機JAS認定されていれば、(有)三皿園のように堂々と明記しているはずですね。

「有機JAS規格に基づいた有機肥料で栽培している」、「有機肥料を使っている」だけでは、有機栽培のみかんにはならないそうです。
取水上流地の農園や周辺の農園で農薬を使っているだけでも、有機栽培認定を受けられないというほど条件が厳しいのだそうです。
一定面積にいるミミズや地蜘蛛の数まで調べらるといいますから、その徹底振りには驚きますよね。
本物の有機栽培とは、作物を育てる土壌を、何年か前から、条件に見合う性質に変えていくなど、時間と手間がかかり、非常にコストがかかるそうです。
当然、生産量も制限されるものですから、農業従事者にとっても、安易に、有機栽培へ切り替えられるものでもないのですね。

一般的な消費者は、有機栽培への信頼が強く、有機栽培のみかんだというだけで安心なものだと思っていますから、有機栽培みかんと表示されていると普通のみかんより値段が高くても購入してしまいます。
そのようなことをわかっていて、誤解をまねくような表現で「有機栽培みかん」と書いてしまうみかん農園が多いのも当然かもしれませんが、消費者として目をつぶっていられるものではありません。
しかも厳密に言えば、有機JAS認定されていないにもかかわらず、有機を名乗ることは法律を違反しているのです。

有機栽培のみかんを求める消費者は、有機JAS認定と明記しているみかん農園だけから買うように、気をつける必要があるでしょう。
言葉は悪いですが、表記されている言葉に騙されないことです。自衛するためには、ある程度の、商標に対する知識も必要かもしれません。
ただし、これは強調しておくべきことかと思いますが、有機JAS認定されてなくても、自分達に可能なかぎり、安全なみかんを作ろうと努力しているみかん農園藻少なくないことを知っておきたいと思います。
手軽に家庭菜園から農業を始めてみませんか?

家庭菜園はじめませんか?土・鉢そろったセットキッチンガーデン【送料無料】【家庭菜園セット...

その他の家庭菜園お役立ちグッズはこちら

家庭菜園でも農業でも経験者の語ることは大変勉強になります。
他の農家の経験を、自分の知識とするための情報収集は欠かせません。
きっと役に立つ有機栽培に関する口コミやブログ記事を紹介します。


自然農法・有機栽培をされている方にお聞きしたいのですが?
自然農法・有機栽培をされている方にお聞きしたいのですが?食べ物の危険性と病気について興味があります。自然農法・有機栽培をするに当たって、初心者でも簡単に始められる野菜や果物はなんでしょうか?又、どんなことに注意すれはよいかアドバイスを戴けますか?

林さんの手搾りみかんジュース
手の掛かる有機栽培で蜜柑を作っておられ、 しかもそれを皮ごと搾った蜜柑ジュースはそれがまた旨いのなんの! 「みかんジュース」の自分の概念が崩壊する至高の味!! そんな林さんの有機栽培みかんジュース、 お会いしたついでに仕入れてきました! ...

タグ:タグは付けられていません。
Copyright (C) 就農娘の有機栽培と自然食品. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。