農業公園

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
農業公園というものをご存知でしょうか。
別名農業パークともいわれ、日本各地に存在するこの農業公園は、農林水産省が生みの親で、農業を主体とした、自然派型のテーマパークのような場所です。
ドイツやデンマークの農村をモデルにして、箱庭のなところが多く、それぞれの地域の特性を生かした魅力的なつくりになっているそうす。

農業公園は、「園芸」や「造園」などの土をいじることから「農業」までの、幅広い理解を深める事が目的とされていて、食育や自然とのふれあいもできるそうです。
幼い子をもつ親ごさんには、一度、是非子どもを連れて行きたい、と思えることろのひとつではないでしょうか。
その通り、子ども連れのご家族に、とても人気の高い場所になっているのです。

最近では、従来の開発型の農業公園・農業パークとは違い、体験型の施設が増えているようです。
与えられたものを見るだけではなく、そこにある自然を出来る限り守りながら、参加者の方から入っていくという形ですね。
入場料金は、施設により様々ですが、無料であったり、年間パスを設けているところがたくさんあるそうです。
それらをうまく利用すれば、ご家族連れなどには、本当に嬉しい一日を過ごすことが出来る場所だと思います。。

各施設ごとに多少異なりますが、その地域特有の自然学習体験ができるようになっているところが多く、食物の手作り体験や木材の加工体験、季節に応じた果物狩りなどができるそうです。
一度、長野の農業公園へ家族で行ったとき、そばうちを体験したことがありました。
そば粉に水を打って、こねるところから始めるのです。
小学生だった子どもも、粉で鼻の頭を白くしながら、大喜び、夢中で作リました。作ったおそばを、ゆでてもらい、その場で食べたときのおいしさは格別でしたね。
私達はそばうちを体験しましたが、他にもさまざまは、「作って食べられる」コーナーがあったと記憶しています。
ソーゼージつくりや、バター作り、などなど・・・。子どもには本当に楽しく、忘れられない体験になると思います。

施設によっては、地元で収穫された食材などを使用した料理が食べられるレストランもあります。
出来たて、とれたての食材のバーベキューが楽しめるコーナーが設置されているところもありますから、町の焼肉やさんへ行くより、ずっとおいしく楽しいと思います。
都会で、自然と触れ合う事が難しくなってしまった今、楽しみながら農業などを体験でき、おいしいものも食べられる、とても魅力的な施設だといえるでしょう。

家庭菜園でも農業でも経験者の語ることは大変勉強になります。
他の農家の経験を、自分の知識とするための情報収集は欠かせません。
農業に関する口コミやブログ記事を紹介します。
オクトパスガーデン:流木とカタツムリ
オクトパスでは、新城は富岡地区の安形さん家の 「有機米ヒノヒカリ」を使用しています。 市場には出回らない貴重な、そして本当に美味米です! Posted by オクトパス☆ガーデン at 01:19│Comments(0)│TrackBack(0) │農業体験記 ...
石井慧、ニュージーランド「Xプロージョン」参戦~プロ3戦目決定も ...
●5月8日(土)・9日(日)新宿発長野行 髙田延彦「のぶさんと行く農業体験ツアー」 ★5月12日(水)24:59日本テレビ『浜ちゃんが!』高山善廣が出演(放送日が変更になりました!) ●5月13日(木) 19:00 名古屋国際会議場センチュリーホール アントニオ猪木 ...

田舎で農家・農業体験について
田舎で農家・農業体験について田舎で農家・農業体験できる組織とその県庁がサポートしてくれると聞いたんだけど田舎の生活を楽しみたいなら連絡先とかありませんか?どういい風に参加できるでしょうか?

タグ:タグは付けられていません。
| 農業 | 編集 |
Copyright (C) 就農娘の有機栽培と自然食品. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。