現代農業

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
都会の生活から離れて、農業をやりたいという人が年々増えているのはなぜでしょうか。
あえて脱サラしてまでやりたい、という人もいれば、定年後の楽しみとしてやってみたい、と思う人などいろいろですが、土に触れる生活への憧れが、私達の心の中にあるからだと思います。
自分の手で育てた食材を口にする喜び、太陽と土と雨によってはぐくまれる野菜の命を、実感しつつ暮らすことには、たとえ都会生活の便利さを捨てても経験する価値のある、すばらしいことのように感じます。
生きる原点、私達日本人のの暮らしの原点が、農業にはあるように思います。

「現代農業」という雑誌があります。
農山漁村文化協会から毎月5日に定価800円で発行されている月刊誌です。
「作物や土、地域自然の力を活かした栽培技術、農家の加工・直売・産直、むらづくり、食農教育、グリーンツーリズム、農都交流など、農業・農村、食の今を伝える総合実用誌」という紹介文がある通り、「現代農業」は農業を志す人、就農しようとしている人には情報満載の、しかも実用的な雑誌なのです。
掲載されている内容は多岐に渡り、熱烈なファンが多いそうです。
職業として農業に携わる人ばかりではなく、家庭菜園を趣味にしている人、普通の園芸書やガーデニングのイージーな本には飽き飽きしている人には、特に気に入られているようです。
すぐに本屋さんからなくなってしまうので、買い逃しがないように定期購読する読者も多い、ということからも「現代農業」の質の良さ、人気の高さがわかります。
本誌の他に、テーマごとにまとめた別冊現代農業、やや難しいテーマでまとめてある増刊現代農業などもあるそうです。

月刊現代農業の2009年 7月号の巻頭特集は、「緊急企画 飼うぞ 殖やすぞミツバチ」というものでした。
イチゴ栽培の名人の大越さんに、交配バチ飼いならし術を語ってもらっています。

次のテーマは、「身近な資材で野菜の硝酸減らし みんなで海水キャベツ石灰でさらに甘くなる!」でした。
キャベツに海水をかけると硝酸が減って、食べた後の苦味がなくなるんだそうです。

さらには、「失敗しない梅ジャムのつくり方」や「脱ペットボトル飲料!ゴクゴク飲めるさわやか飲料編」、これ、農業に興味のなかった人でも、一旦手に取ったら、ちょっと私もやってみようかな・・・と思えるようなものばかりなのですよね。

血流マッサージのやり方や農家の法律相談や税金相談など、本当に多彩な記事が掲載されていて、本業の人も、農業という世界を少し覗いてみようかな、という程度の人にも興味深く読め、また実際に役立つ雑誌であることは間違いありません。
「現代農業」は、次の発売日がくるまで、じっくりと楽しる密度の濃い月刊誌です。

家庭菜園でも農業でも経験者の語ることは大変勉強になります。
他の農家の経験を、自分の知識とするための情報収集は欠かせません。
農業に関する口コミやブログ記事を紹介します。
経済学を学ぶ非営利な毎日
直売所を地域の食、農、環境の拠点に/『農的共生社会』現代農業,農文協/(2007/5)pdf:989KB ○生きる力を取り戻す/『生活と自治』no.482(2009/6)pdf:1120KB ○野菜の一生とつきあうということ-岩崎政利さんが切り開いてきた世界-/『いのち育む ...
本とギャラリーの駅日誌: 内山節と学ぶ一郷一学コーナー
カテゴリー. ? 現代農業バックナンバーフェア | メイン. 2010年4月18日 (日). 内山節と学ぶ一郷一学コーナー. 内山節と学ぶ一郷一学コーナー. 投稿時刻 10:44 | 個別ページ. トラックバック. このページのトラックバックURL: ...

食品販売会社を経営しているものです。ある中国企業の日本法人から、「中国の無錫....
食品販売会社を経営しているものです。ある中国企業の日本法人から、「中国の無錫市にある無錫現代農業博覧園内に総合食品センターが造られた。出店しないか」との申し出がありました。中国進出は、以前から考えていたステップですので非常に興味があります。この食品センターについての情報をご存知の方、些細な事でも結構

タグ:タグは付けられていません。
| 農業 | 編集 |
Copyright (C) 就農娘の有機栽培と自然食品. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。